相続財産とは

【本来の相続財産】(例)

 被相続人が死亡した時に所有していた財産(金銭評価できるもの。非課税財産を除く)

 土地、建物、株式、現金、預金、特許権など

 

【みなし相続財産】(例)

 死亡保険金・損害保険金(被相続人が保険料を負担したもの)

 死亡退職金(死亡後年内に支給が確定)

 

【一定の贈与財産】(例)

 相続時精算課税制度による贈与

 相続開始時3年内の贈与

 

【相続税がかからない財産】(例)

 墓地・仏壇・墓石・神棚など

 保険金の一部(500万円×法定相続人の数)

 死亡退職金の一部(500万円×法定相続人の数)

 国・地方自治体・特定の公益法人などへの寄付