エコアクション21とは


環境経営(環境マネジメント)システムを構築するガイドライン

フル ページ FAX プリント-2.jpg

〜それがエコアクション21〜

皆さんの工場や事業所での環境への取組みについて

次のような問題点はありませんか?

(⇒こちらもご覧下さい。)

03EA21DM.jpg

・ルールを決めても、その場限りになってしまい、いつの間にか守られなくなってしまう
・事業活動において、無理や無駄があることがわかっていても減らせない
・目標を立てても、なかなか達成できない。
・特定の人に仕事が集中し、その人が休むと仕事が進まない

 

 

それなら、総合的で効果的な取組み、
エコアクション21を始めませんか?


 

 エコアクション21とは

持続可能な社会を構築するためには、あらゆる主体が積極的に環境への取組みを行うことが必要です。
事業者は製品・サービスを含む全ての事業活動の中に、省エネルギー、省資源、廃棄物削減等の取り組みを行うことが求められています。
エコアクション21は、全ての事業者が、環境への取組みを効果的、効率的に行うことを目的に、環境に取組む仕組みを作り、取り組みを行い、それらを継続的に改善し、その結果を社会に公表するための方法について、環境省が策定したガイドラインです。
エコアクション21ガイドラインに基づき、取組みを行う事業者を、審査し、認証・登録する制度がエコアクション21認証・登録制度です。

 

エコアクション21の取組み方 (PDCAサイクル)

@. 環境負荷(エネルギー使用量、ゴミ排出量など)を把握し、把握した環境負荷の

   削減のための目標などを立てる(Plan)

A. @で立てた目標達成のための取組みをする(Do)

B. Aで行った取組みの結果を取りまとめて評価(Check)し、

  次の改善につなげる(Action)

C. @〜Bの取組みを「環境活動レポート」にまとめる

 

エコアクション21に取り組むメリット

PDCAサイクルに基づく環境経営(環境マネジメント)システムに取組むと、まず先の問題点が解決されます。
・一人、あるいは特定の人ではなく、全員で取り組む
・その場、そのとき限りの取組みではなく、決められたルールに基づいて行動する
・取組みにあたっての目標が明確になる
・取組みの結果をきちんと評価できる
・目標が達成出来なかった場合は、原因を明らかにすることができる
・日々の取組みを積み重ねることにより、年々継続的に改善できる

さらに次のような効果を期待できます

・総合的な環境への取組みを推進!
 省資源、省エネルギー  
・経営面での効果も期待!
廃棄物削減、経費削減、生産性・歩留まりの向上
・取引条件の一つに対応!
多くの大手企業が、環境への取組みを取引条件の一つに選定
・金融機関からの低利融資制度が受けられる!
・社会からの信頼を獲得!

 環境汚染や事故による環境リスクの未然防止
環境法の遵守

 

<料金表>


 1)コンサルティング料       525,000円
 

 2)認証・登録に係る手数料   200,000円〜300,000円程度(企業規模等に応じて変動します。)

 

エコアクション21は、

中小事業者等でも容易に取り組める環境経営システムです


エコアクション21の認証・登録に

実績のある 小野寺事務所に

お気軽にお問い合わせください。

エコアクション21とは

エコアクション21とは

1.中小企業でも取り組みやすい環境マネジメントシステム

 PDCAのサイクルを基本として、企業の環境経営に必要な事項が分かりやすく
 盛り込まれています。
 環境負荷の把握や環境対策の自己チェックが簡単にできます。

2.環境負荷の削減

 二酸化炭素排出量、廃棄物排出量、水使用量の3つの項目を把握し、それらを
  削減するために省エネルギー、リサイクルなどに取組むことが必須です。
 光熱水道費、原材料費、廃棄物処理費の削減につながります。

3.環境活動レポートの作成、公表
 
  環境方針、取組実績などを環境活動レポートとしてまとめて公表します。
 環境活動レポートによって取引先、消費者からの信頼が高まるとともに
  活用の方法次第では新たな取引先の拡大につながります。 

メリット

1.企業内部の問題点の抽出と改善

  PDCAに基づく環境経営(環境マネジメント)システムに取組むと、

  様々な問題点が解決されます。

   継続的に改善していくことにより、環境面だけでなく、

  経費の削減や生産性・歩留まりの向上、目標管理の徹底等の

  経営面での効果もあげることができます。

  ・一人、あるいは特定の人ではなく、全員で取り組む。

  ・その場、そのとき限りの取組みではなく、決められたルールに

   基づいて行動する。

  ・取組みにあたっての目標が明確になる。

  ・取組みの結果をきちんと評価できる。

  ・目標が達成出来なかった場合は、原因を明らかにすることができる。

  ・日々の取組みを積み重ねることにより、年々継続的に改善できる。

                                etc

2.具体的なメリット
   〇多くの企業が、環境への取り組みや環境経営システムを取引条件の
   一つとしております。
   〇認証・登録にあたり自治体の補助金を受けられる。
   〇入札参加資格審査での加点を受けることができることがある。
   〇日本政策金融公庫をはじめ、多くの金融機関で低金利融資制度が
   始められています。
   〇環境省のガイドラインに基づき、第三者機関の認証を受けることで、
   社会的な信頼を得ることができます。
   〇環境活動レポートを作成し、外部に公表することにより、取引先や
     消費者等からの信頼性が向上します。
  

        これは、企業の社会的責任(CSR)の一環にもなります。

取得までの流れ

認証取得までの道のり

 

 

 期間

登録までの標準的な工程 

当センターとの打合せ
及び申請手続き 等

 1ヶ月

 ・環境負荷の把握
 ・環境への取組み状況の自己チェック
 ・環境関連法規等の取りまとめ  

エコアクション21
導入のご説明

 2ヶ月

 ・環境方針、環境目標、環境活動計画の策定
           (Plan

 
 3ヶ月

 ・目標達成に向けての計画の実施
           (Do)(3ヶ月から半年程度実施)

・環境関連法規の遵守の自己確認

 
 4ヶ月     
 5ヶ月

 ・取組状況の確認・評価                
      (CHECK

 
 6ヶ月

 ・代表者による評価、見直し
           (Action

 ・環境活動レポートの作成 

 ・審査申込み
 7ヶ月  

 ・書類審査

 ・現地審査

 8ヶ月  

 ◎事務局による判定

 ◎認証、登録